スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ便り

朝早くに家を出て羽田経由で成田へ。今回は羽田に降りてから成田を出発するまで4時間程という、かなりタイトな時間割り。
羽田・成田間をリムジンバスで一時間ぐらい。チェックインやら何やらを考えるとぎりぎりの時間設定。

本当は羽田発の便で行きたかったが、JALのロサンジェルス便は無い。(サンフランシスコならあるんだが)
JALでないと国内便の料金が通常料金になってしまう。
でも、いつも思うんだが国内線と国際線の乗り継ぎにバスで1時間強ってどうだろ。アジアのゲートウェイハブとしての確立を狙うならもっと工夫が必要なんではないか。

更に、今回こんなにタイトな時間になってしまったのは燃油サーチャージの関係。11月1日からサーチャージが安くなるのでそれを待っていた。家族4人分で3万2千円分ぐらい違う。その代わりに時間に余裕があるJAL運行便の席がなくなってしまい、アメリカン航空運行のコードシェアで行く事になってしまった。

ところでこのサーチャージ。メッチャ高っ!チケットとほぼ同額。表示価格の2倍の支払いになる。なんだかなぁ。

そこで、一工夫を施す。どうせ支払うんだからと、JALカード払いにする。しかも、年間費5,000円ほどの上乗せで”買い物マイル2倍(通常200円で1マイルが100円で1マイル)” と ”搭乗マイル100%加算” をカードに付帯。これで今回の旅行分で、家族分のグアム往復分位のマイルをゲット。まぁ、庶民のささやかな抵抗みたいなもんです・・・。

チェックインはセルフチェックイン。

usa1.jpg

ところが何にもセルフにならん。画面に出てくる言葉が難しすぎ。こんなのは一番わからないポジションの使用者に合わせるべきだよ。隣のカウンターもその隣も同じような感じで、スタッフが行ったり来たりしていた。

まぁでも無事乗り込み離陸。今回のAA機は今ひとつ。映画もパッとしなかったし、座席ピッチは狭いし。しかもヘッドフォンの差込口が壊れていて、モノラルでしか音が出ない。もうこうなったら寝るしかない。ZZZ....

そして、到着。家族連れなんで入国審査も割りとイージー。ゲートを出てレンタカーのシャトルに乗り、ダラーのオフィスへ。

usa2.jpg

現地支払いでマイルをゲット、のキャンペーンにしていたためここでもJALカードを使用。

で、愛車がこれ。

usa3.jpg

カッチョエー! 

しかし、この愛車がこのあと問題になる・・・・。

それはさておき、いざ出発。今回のナビは日本でもお馴染みのガーミン製のポータブルナビ日本語バージョン。早速目的地を設定。

usa001.jpg

到着したのは ”ナッツベリーファーム”

今回はテーマパーク巡りの体。前々回に来た時は、子ども達もチビッ子だったためにスリルライド系には乗らなかったが、今回は娘の希望で攻めの姿勢で臨む。

usa6.jpg

こんなんが多いテーマパーク。でも、ほぼスリルライドは制覇。しかーし、これが響いた。長時間フライトのすぐ後のライド。しかもギュンギュン・ビュンビュン・ガーッ・グルッって感じ。胃がやられてしまい、げんなり。

usa7.jpg

夕景のパークを後にして、ホテルへ向かう。今日のホテルは明日のことも考えてディズニーランドのまん前のホテル。レッツゴー!

ディズニーランドのゲートのまん前、片道4車線の大きな通りの交差点を左折をすると、もうホテルは目の前。
左折レーンの信号待ちの列の後尾に停車。

”ふぅ~、順調、順調。時間もまだ5時だし。余裕ジャン。”

・・・・・そう思った時だった。タコメーターの針がスーッと下がりエンジンが停止・・・。

”どうした・・・?” っとキーを回して再スタートを試みる。っが、ウンともスンともいわず。何度かトライしてみるが結果は同じ。
暗くなってきている中、しかも怒涛の直線4車線。ハンパなくどの車もすっ飛ばしている。

”これは突っ込まれたらやばい”っと思いハザードを点け、とりあえず全員車から降りて道を横切り、近くのホテルの駐車場の係りの人に助けを求める。ダラーのロードサービスに電話をしてもらい事情を説明。幸い宿泊予定のホテルが近くにあったためそこに案内してもらう。

チェックインの後、更にホテルのフロントマンに事情を説明し、ダラーからの連絡を待つ。その間、家族はホテルの部屋へ。俺は車のところへ。

車は、相変わらずエンジンもかからず。ハザードもとうとう点かなくなってきた。バッテリー系統か・・・?何か解らないがギアも動かない。ニュートラルにも入れられないため動かせない。トランクも電気式ロックのため開かず。荷物も取り出せない。

なにはともあれ、後続の左折の車が突っ込まないよう、事故防止をしなければ。
そこで、車の横の縁石に立ち後続左折車が来た時に交通誘導をする。夢の国のまん前で悪夢のような時を過ごす。

そうこうしていると、追い越して信号で停まった車からイカツイ兄ちゃんが降りてきた。こっちへ向かってくる。

ヤバ、文句を言われるのか

っと身構えていたところ、”大丈夫か?車押すか?”っと言ってきた。全てが全く動かないことを伝え、”サンキュー” と握手をして別れる。この他にもチャラ系の兄ちゃんやおじちゃんなど何人も声を掛けてくれる。嬉しかったねぇー。

2時間ほど交通誘導をしていると、車を積んだトラックがやってきた。動かない車の前に停まり、運転手の兄ちゃんが降りてきたときは涙が出そうになった。

”同じ料金帯の車とチェンジだから。” と言って荷台の車を降ろす。こっちは荷物の入れ替えのために車に戻りキーをひねってみる。パパッとメーター内のランプがつく。ずっとオフにしていたためか一時的に電源が戻ったのか。
とりあえず、トランクを開けスーツケースを降ろす。
荷物を載せ代えたら後は行っても大丈夫っと兄ちゃんが言ったので、握手をして代替の車に乗り込みホテルへ向かう。

この状況の写真を撮ることをすっかりと忘れていた。まだまだ未熟もんだな。

ホテルの部屋に着いたのは8時ごろだった。かれこれ3時間位は経っていた。腹も減っていたし、でもどっかで食べるのももう面倒なので近くのスーパーに買出しに行く。

usa9.jpg

部屋へ戻って、夕食。もう9時30分だ・・・。

usa8.jpg

疲れた~・・・。

旅にハプニングは付き物。今までも、入国審査で別室で取調べを受けたり、キャンピングカーのタイヤがパンクして交換に時間がかかり、飛行機に乗り遅れたりなどなど。今回の件もそのうちにネタになっていくんだろうナァ。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
今日の日付入りカレンダー

05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリ
プロフィール

ぱぱろっど

Author:ぱぱろっど
ハーレーFLHTCU乗りの2児のパパ。
今ままでのバイク歴 (順不動)
・HD   ナイトロッド
・ホンダ  XL125
      PAX
      タクト
・Muz  シルバースター 
       with サイドカー
・ヤマハ  ロイヤルスター1200
・カワサキ GPZ400R
      エリミネーター250
      Z400GP
・スズキ  GSXR400

趣味 スキー・スノーボード
   マジック・読書・その他
   沢山
まあ、熱しやすく冷めやすいタイプっていうことです。

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。